第三者による不正アクセスを受け、営業を停止しておりましたハンズ・ギャラリー マーケットは、営業を再開いたしました。
大変ご迷惑をお掛けしますが、クレジットカードはご利用いただけません。
(コンビニ決済・ペイジー決済のみがご利用いただけます。)

クレジットカード決済のご利用再開につきましては決定次第、WEBサイト上にてお知らせいたします。

帯づる本舗 Obitsuru

ショップ紹介

帯鶴(折り鶴)オリジナル商品を企画販売致します。

【工夫】 折り鶴にあまたの紙を使いさまざまな角度から加えそして削り眺め現在に至っております。

【紙】  ヨーロッパ・フランス・パリにて製造販売されているエンボス厚紙を使用。

【リボン】リボンは風合いと光沢のあるダブルサテン織りを使用しています。

【折り】 自ら名ずけた『羽ばたき折り』を採用しております、通常の折り鶴とは少し違い鳥が羽ばたいた時に見せる姿勢をイメージした折り方をしてございます。



今後も万象を取り入れ精進して行く次第でございますゆえ何卒よろしくお願い申し上げます。

作品作りのきっかけ

折り鶴はなぜ喜びをくれるのでしょう?

答えを見つけるため折に折りを重ね10000羽以上の鍛錬の結果、左手では勿論、目をつぶって寝ながら片手で折れる所まで上達した時に大道芸をする為に鶴を折っているのではないと感じ。

方向を変え幾つかのオリジナル変形折り鶴を創りだしながら机の引き出しに仕舞い込みました。

心について考察していると鶴を折っている時にとても癒される自分に気づき、『折り禅』の実践へと繋がりました。

見知らぬ方にお届けする場合には懇切丁寧な『技』を込める事が心を込めることに成ると。


Profile image 267739

コンセプトやテーマ

コンセプト(概念)
【和み】 状景と質感の調和(ふっとした瞬間、心の防壁が取り払われる安堵の場所)

テーマ(基調となる考え)
【調和】 異世界同士の接点つながり(文化環境の違い中からも突き出て触れ合う共通点)

【平和】 共通する認識から生まれる助け合い。

今までの活動でうれしかった点や苦労した点


今まで折り鶴は手で折るものと信じておりましたし、折り鶴は空中折りが基本であり
机に置いて折るのは邪道とまで言われている事を信じていました。

もっと多くの方に日本の伝承文化と『和み』をお届けするには更なるサプライズとサイズが必要と考え手芸ではなく手工芸の域に入らなければお届けできない事に気付き。

正確なバランスと強度耐久性デザインが必要と考え紙を机に置き工具を使い工夫を凝らし、折り鶴を『表舞台』に立たせる様努力している次第でございます。

Profile image 267738

運営ショップ紹介
帯づる本舗 Obitsuru
帯鶴(折り鶴)オリジナル商品を企画販売致します。

【工夫】 折り鶴に...

ショップ紹介

取引の評判
0 0
ファン
0名

この作品の作家

鶴の折り方:羽搏き(はばたき)10000羽程度鶴を折った際に行き着いた折り方。
三百年以上の...

作家プロフィール