『存在のまぼろし性について』(清水豊夜著/書物の森刊)

STORY 作品の詳細

はじめに、位置のなさがあった―。

古代ギリシアの哲学者アリストテレス以降、二千年以上もの間、 忘却の闇に沈んできた問い、存在全体の「位置」についての問いを手がかりに、私たちの本当の価値、 存在することの未知なるすばらしさを描き出す。

あらゆる権威から逃れ、自然観察と思索を深めてきた路傍の思想家による、この「楽園」の記述。

(四六判160頁/書物の森刊)

■私たちがそのなかで生きているこの現実は、いったいどこに位置しているのか?

■「全体」という概念についてのアリストテレスによる定義、「全体とは、そのそとに何ものも存在しないもののことである」との定義と、「位置」という概念の必然的な相対性を考慮に入れると、存在全体というものには、位置というものが欠落しているという結論にならざるをえない。

■存在全体の位置のなさに対する理解によって、私たちの通俗的な世界観は崩壊する。

■これまで私たちが漠然と信じてきた、「在る」ということの確かさが、目も眩むような純粋な不確かさへ変転するとき、存在するに至ったということの、思いもよらない価値と意味が私たちを襲う。

■私たちは、これまで自分がそうであると思ってきたような者ではないかもしれない。

■あらゆるいきものが、自分で構想したのではない形として生きているということは、何を意味するのか。

■この世が、どこにも位置していない夢のような場所だとしたら、私たちはどんなふうに、悪意や苦しみに向き合えばよいのだろう。

■愛と配慮が最高の理性である理由とは?





サイズ 幅 12.8 x 奥行き 1.3 x 高さ 18.8(cm)

注文から納品までの所要日数 3日間

DELIVERY CHARGE 送料

全国一律 90 円

CATEGORIES 作品カテゴリー

MATERIALS 素材

素材は登録されていません。

PAYMENT METHOD お支払方法

下記からお選びいただけます。

・クレジットカード

クレジットカード

・コンビニエンスストア決済

・ペイジー決済(ATM・インターネットバンキング、モバイルバンキング)

PRICE :(税込)2,160 円

COMMENT

コメント(0)

コメントはありません

ADD YOUR COMMENT

コメントを書く(1,000文字以内)

S_noimage

コメントを投稿するにはログインが必要です。

運営ショップ紹介
ギャラリー書物の森
小出版社「書物の森」のギャラリーです。本、アクリル画、ポストカードを販売し...

ショップ紹介

作品一覧 4作品
  • 不明
  • 空間
  • 青と赤
  • 『存在のまぼろし性について』(清水豊夜著/書物の森刊)

もっと見る

取引の評判
0 0
ファン
0名

この作品の作家

文筆家。
著書に『存在のまぼろし性について』(書物の森刊)。『老子遠景』(Kindle版)。...

作家プロフィール