第三者による不正アクセスを受け、営業を停止しておりましたハンズ・ギャラリー マーケットは、営業を再開いたしました。
大変ご迷惑をお掛けしますが、クレジットカードはご利用いただけません。
(コンビニ決済・ペイジー決済のみがご利用いただけます。)

クレジットカード決済のご利用再開につきましては決定次第、WEBサイト上にてお知らせいたします。

廃材家具制作処 工房エンジェルのために

ショップ紹介

 工房 “エンジェルのために”   は 廃材で家具を創っています。
古いお家を壊した時に出てくる 木達は、とても強く 美しいものですが、
捨てられ 燃やされているのが現実です。
 そんな木を使って、子供にも大人にも 木の美しさ大切さを 知って
もらえたらと、そして次の代までも 使ってもらえるように、可愛く
丈夫な家具づくりをめざしています。
 奈良の田原本町の 田んぼの真ん中に、こんもりとした鎮守の森があります。
            通称 トトロの森。 ここのお稲荷さんの社務所を
改装し、工房を開き そこで 永島 庸&リッキー(夫婦)で暮らしてます。 

作品作りのきっかけ

神戸の地震に遭い奈良に引っ越してきました。
娘はまだ赤ちゃんで働くことも出来ず、とりあえず近所にあった職業訓練校に行きました、
そこで初めて家具を習いました。
一年習って、卒業制作に娘のために小さい椅子をいっぱいつくりました。それを、フリーマーケットにだしたら、一日で全部売れてしまい、注文がきたりそこから家具を創りはじめました。今思い出せば、いつも娘「りんちゃん」に次はなにがほしいって聞いて、楽しく小さな
家具をつくっていました。
その娘ももう19歳、でも、今も家具を創るのが楽しいのです。娘がよろこんでくれているようで。

Profile image 229435

コンセプトやテーマ

廃材で家具を創っています。
お金がなくて、廃材をつかったんですが、使っているうちに、その魅力を感じています。
これまで、たくさんの方が「古い家を壊すから、その木をもらってください」って言って
くださり、そんな多くの方々のおかげで思いだせばもう16年も廃材で家具をつくることが
できました。
なにより嬉しいことは、家具を見てくださった方々が、「なつかしいネ」「あたたかいネェ」
と言って撫ぜながら、ほほずりし涙を浮べたり、そんなことが何度もありました。
廃材、古い木、は家具やインテリアになってこれまでたくさんの人と私たちをつなげ、私たちに作る喜びを与えてくれました。
廃材って言葉は、たまに嫌われがちですが、ここに集まって来る 廃材たちと これからも ずうっ~と仲良く そして素晴しい家具になって 好いところへ、旅立せたいと思います。

Profile image 229448

運営ショップ紹介
廃材家具制作処 工房エンジェルのために
 工房 “エンジェルのために”   は 廃材で家具を創っています。
古い...

ショップ紹介

作品一覧 1作品
  • 桜満開ダイニングテーブル

もっと見る

取引の評判
0 0
ファン
0名

この作品の作家

阪神大震災後、神戸から奈良の 田,畑に囲まれた自然豊かな田舎で暮らしながら、古い家を解体した時...

作家プロフィール